日記を書いてあたいを刺激する素晴らしい方法

備忘録を書いているときの本当の悩みは、インデックスではなく、事柄を始めるにあたっての怠惰なことです。備忘録を書くのに特別なインサイドドライブが必要です。それは皆さんを報告するための心悸のようなものです…あなたはそれが好きではありません….身は未だに否定されて掛かる論理があります:最高の備忘録は、結構感情的な、内向的人、一律がボトル寄稿され、通気口が必要です。奴らは備忘録でそれを行います。スラムバンは、一言で言えば、あなたの形相という人たちは、備忘録のための多くの内容が残っていない…奴らは既に四六時中それを一律プイクしました!! 🙂

備忘録を書いて自分自身を刺激する素晴らしい方法は、あなたが分配したくない部分、共有することを憎む部分、共有することを躊躇する部分、または人と共有することが気まずいことを書くことです。これらは非常に個人的なインシデントや力や感想だ…あなたはくれぐれも満足できるものではありません。あなたはものを書くことができます… “身は桃色のジーンズと熱いイエローの表紙でこういう女房を見た…内面が吹いて…ぽっきりこうした女房が私のような夫と共に行くかどうにか問に思った?
“身は旦那が身に叫んですときに私のボスにそれを返さなければならないと感じました…身はそれを容認することができますか… …または…身はその夫のテレホンをピックアップし、旦那の返済は昨今処理することはできません…イボの取り方!【首や顔など】簡単で痛みが少なく効果が高いのは?

日記を書いてあたいを刺激する素晴らしい方法